賃貸のメリットについて

賃貸契約を結ぶ時には、契約者と不動産会社の間で、契約書と重要事項説明書の内容を説明、把握をきちんと行う

賃貸のメリットについて

賃貸契約を結ぶ際の契約内容の説明の重要性

賃貸物件を借りる契約をする時には、不動産会社の店舗で契約を結ぶ事がほとんどですが、物件近くの喫茶店などで手続きをする事もあるそうです。契約の際には、契約書と重要事項説明書の内容説明からはじまりますが、事前に内容の説明などがあっても、改めて説明が行われます。契約を結ぶにあたって、内容を把握していないままで、後々にトラブルにならないための確認をするのです。不動産会社は、物件の契約者に契約内容を理解してもらうための説明をする義務があり、契約者も不明な点は説明をしてもらって、理解出来る様にする必要があるのです。契約書や重要事項説明書は、借りる物件はこんな状態で、居住する時のルールや、家賃の支払いルールなどがあり、こんな事をすると契約解約になるかもしれませんよという説明がされるのです。内容は、どの物件でも同じ様な内容になりますが、時々物件によっての独自のルールがある場合があるので、いつもと同じと思わずにきちんと確認をしておく事が大切です。実は、契約の時に一番大切な事は説明になり、不動産会社の説明が分かりづらい、理解出来ない場合には、きちんと理解出来る様に説明してもらい、契約内容を把握出来る様にしておかないと、いざ住んだ時に、契約期間中や退去する時に思っていた内容と異なってしまわない様にしておかなければなりません。

契約内容等、内容に納得ができたら、契約書重要事項説明書に署名そして捺印を行い、契約を締結させ、署名、捺印だけでなく、契約書の改ざん防止のため割印を行います。契約当日は、指定された書類や印鑑、契約金などを持って行きますが、忘れ物があると契約がその日に出来ないという事にもなりかねないので、不動産会社から言われた持ち物は忘れない様に、出掛ける時は忘れ物をないように確認が必要です。

注目リンク

Copyright 2019 賃貸のメリットについて All Rights Reserved.