賃貸のメリットについて

賃貸で大きな修繕が必要になればすぐに管理会社や大家さんに連絡をしておいたほうがいいことにつながる

賃貸のメリットについて

賃貸でエアコンなどが故障し、修理はだれが負担するか

賃貸住宅でエアコンが備えるけられて居ることが多いですが、このエアコンがもしある日突然故障してしまえが、賃借人はどういった対応をすればいいでしょうか。そもそも修理負担はだれがするものでしょう。熱いこの時期エアコンが壊れてしまえば大変ですが、借主がエアコンを壊したなどの問題がなければ設置されていたエアコンの取り換え費用は大家さんが負担し、まずすぐに大家さんや管理会社に連絡してください。そしてもしも室内に設置されていた設備が入居中に壊れてしまったら、どちらが費用を負担するかについては契約書に明示されています。

そして、通常借りている間の修繕費用は借り手に故意や過失がなければ貸し手が負担することになっており、例えば給排水管から漏水し下の階が水浸しになってしなったら、給水管の劣化が原因なら大家さんの負担となります。ですが、借りた側に洗濯機の蛇口を締め忘れた多ホースが外れてし合って床や下の階が水浸しになったなどはあなたの過失で、給水管が古いといった原因ではないです。ですが、電球の取り換えなど小さい修繕は借り手が自分の費用でしていくことが一般的です。大きな修繕が必要になればすぐに管理会社や大家さんに連絡してください。

Copyright 2019 賃貸のメリットについて All Rights Reserved.