賃貸のメリットについて

今住んでいる賃貸アパートの部屋は狭いですが、物を床に置かないようにしていたら、すっきりとした部屋になりました。

賃貸のメリットについて

狭い賃貸アパートの部屋ですっきりと暮らす。

私が住んでいるのは、1Kの賃貸アパートです。一人暮らしを始める時に、出来るだけ安い家賃の物件を探していた所、今のアパートを見つけました。家賃が3万円なので、アルバイトで生活をしている私でも無理なく支払う事が出来ると思い、このアパートに決めました。部屋は6畳と狭いですが、床に物を置かないようにしていたら、とてもすっきりとした部屋になりました。

本や雑誌、バッグ、洋服などを床に置いてしまうと、あっという間に部屋が物だらけになってしまいます。狭い賃貸アパートだからこそ、出来るだけ床が見えている部分が多い方が、部屋がすっきりとした印象になります。床に物を置かないと決めただけで、部屋が散らかる事がなくなり、掃除もとても楽になりました。元々物が少ない部屋ですが、今の賃貸アパートに引っ越してきてから更に物が少なくなりました。実家の私の部屋も物が少ないと思っていましたが、今のアパートの部屋に比べると乱雑だと思うようになりました。がらんとした今の部屋で過ごしていると、不思議と心が落ち着くのでこのままの部屋の状態を維持していきたいと思っています。今の部屋の状態だったら、引っ越しをする時もとても楽だと思います。

Copyright 2019 賃貸のメリットについて All Rights Reserved.