賃貸のメリットについて

賃貸住宅に住むなら、保証人は必須です。保証人について知っておけば、入居審査を通りやすくなるかもしれません。

賃貸のメリットについて

賃貸住宅の入居審査に関する保証人

保証人をつけなければ賃貸住宅を借りることは基本的にはできません。入居審査というものは、新しい入居人としてその資格があるかどうか、すなわち主に家賃の支払い能力があるかどうかの審査です。その際に、家賃の支払い能力がないと判断されれば、入居を拒否されることもあります。そこで、もし何らかの事情で失職状態であったりなど、入居審査をパスすることが困難である場合には、保証人について知っておくと審査を通るのがずっと容易になるかもしれません。

保証人というのは、実は2種類あるのです。ふつうの保証人と連帯保証人です。ふつうの保証人は、もし借主本人が家賃を支払えない状況に陥った時、その保証をする立場にあります。すなわち、本人の支払い能力の失墜が前提となっているのです。これに対し連帯保証人というのは、借主本人の支払い能力の有無にかかわらず、直接保証人に賃料の請求がくることがあるかもしれないという保証人契約の形態です。要するに、連帯保証人の方が責任義務重いのです。

ですから、もし無職等の理由で入居審査が危うい場合、保証人ではなく連帯保証人をつけることで審査を通りやすくすることが可能なのです。保証人を二人つけるということもまたもうひとつの手でしょう。

Copyright 2019 賃貸のメリットについて All Rights Reserved.