賃貸のメリットについて

賃貸契約の連帯保証人を設定出来る人と出来ない人がおり、設定出来ない場合には保証会社を利用する方法もある

賃貸のメリットについて

賃貸契約での連帯保証人設定について

賃貸契約を契約する時には、誰に連帯保証人をお願いするかを考えてしまいます。たとえ賃貸物件の連帯保証人といっても、入居者が家賃の支払いが止まってしまった場合には、連帯保証人が滞納してしまっている家賃の支払いが発生してしまうので、連帯保証人には、設定できる人とできない人が出てしまうのです。連帯保証人になれる人は、毎月安定した収入がある会社員そして自営業でも安定した収入がある人ならなれます。ただし、審査が厳しい不動産会社では、上場会社に勤めていても収入証明の提出を求められる場合があるそうです。年金暮らしの場合やパートなどの場合には、収入があっても不可という事になる場合もあり、連帯保証人をもう一人設定しなくてはならない場合もあるそうです。

連帯保証人を二人設定しなければならない場合には、生計を別にしている必要がある時があり、一緒に暮らしている両親という場合には、それぞれの親に連帯保証人をお願いできない場合があり、別の人に連帯保証人をお願いしないとだめになる場合が多いそうです。連帯保証人をお願いできる人が見当たらないといった場合には、保証会社を利用する方法があります。保証会社は、家賃の何割かを支払うと連帯保証人の代わりをしてくれるサービスで、不動産会社に保証会社を利用する事は可能かを確認してみると大丈夫な場合もあり、設定した連帯保証人の収入が低い場合には、保証会社を付けると賃貸契約ができる場合もあるそうです。

Copyright 2019 賃貸のメリットについて All Rights Reserved.