賃貸のメリットについて

賃貸シェアハウスは家賃などの費用を節約できますが、プライバシーが守れないなどのデメリットもあります。

賃貸のメリットについて

賃貸シェアハウスで暮らす

複数の人間がひとつの賃貸住宅で暮らすことを、シェアハウスと呼んでいます。シェアハウスでは一人ひとりがプライベートな空間を持っている一方で、キッチンやバス・トイレは共用です。また住人は個々に不動産会社と契約を結んでいる点が特徴です。この点はルームシェアと少し異なります。いわゆるルームシェアとは、知り合い同士でひとつの賃貸住宅を借りることを言います。

シェアハウスの最大のメリットは、家賃や共益費が安くなることです。また家具や家電が付いていることが多く、初期費用も節約できます。ですから一度シェアハウスに住むと、次もシェアハウスに引っ越す人が多いと言われています。そのほか誰かが家にいるために寂しさを感じないこと、防犯の面で安心できることなどもメリットとして挙げられます。

逆にシェアハウスのデメリットは、第一にプライバシーが守れないことです。また生活パターンの違う人が一緒だと、相手の立てる音などを迷惑に感じることが多くなります。マナーを守らない人や相性の悪い人と暮らすのは、大きなストレスになるかもしれません。シェアハウスには向き不向きがありますが、社交性があって寛容な性格の人なら、メリットを最大限に活かすことができるでしょう。

Copyright 2019 賃貸のメリットについて All Rights Reserved.