賃貸のメリットについて

賃貸物件を契約した後、賃料は毎月払うものであり、無理なく払い続けられる金額で計画することが大切です。

賃貸のメリットについて

賃貸物件を借りる際の予算について

賃貸物件を借りる際に考慮しておきたい予算について説明いたします。予算を考える時に最も大事なこととしては、毎月の確実な収入を基本ベースに設定することになります。会社員の場合は残業代や賞与などの一時的な収入は考慮せずに、毎月の基本給などの確実な収入を考慮に入れて、どのくらいの家賃まで出せるかを検討しましょう。一般的には手取り収入の三分の一が賃料であると妥当であるとされていますので、ひとつの目安にしておきましょう。

次に家賃以外の支払いが必要な費用について説明いたします。家賃の次に支出が大きくなるものとして共益費というものがあります。共益費とは管理費とも呼ばれ、所有者の全員が使用する建物の共用部分である玄関や廊下の光熱費や清掃費用、またエレベーター等の各種設備の維持や点検費などがそれに当たります。基本的に貸主は所有者であり、貸主が毎月の管理費を徴収されますが、その分が借主に負担してもらうための費用が共益費となります。所有者は自分が住んでいないのに共用部の管理費を支払うというのは、割に合わないため、その分を実際に住む借主に請求しているものと考えられます。

その他の費用として、駐車場や駐輪場の利用料がかかる場合もありますので、物件ごとに確認することが必要となります。物件の敷地内にこのようなスペースがない場合は、近隣で借りているケースもありますので、注意が必要です。その他最新設備が充実している物件に関しては別途で支払が必要な費用もありますので、十分に確認しておきましょう。

Copyright 2019 賃貸のメリットについて All Rights Reserved.